臨床研究に関するオプトアウトについて

  • HOME
  • 臨床研究に関するオプトアウトについて

オプトアウトについて

臨床研究のうち観察研究においては、たとえば患者さんへの侵襲や介入がなく、人体から取得された試料を用いず、
診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針に基づき必ずしも対象となる患者さんの
お一人ずつから直接同意を得るとは限りません。しかし、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知
または公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。

このような手法を「オプトアウト」といいます。

当医院でオプトアウトを行っている臨床研究

<研究内容>
睡眠時無呼吸症候群が疑われる方における日中の眠気に関する研究
<対象となる期間>
2018年3月1日~2021年10月31日
<対象となる方>
上記期間に、睡眠時無呼吸症候群の疑いにて終夜睡眠ポリグラフ検査を受けられた方および治療を受けられた方が
対象です。
<研究の目的>
日中の眠気に対し睡眠時無呼吸症候群が疑われ終夜睡眠ポリグラフ検査を受けられた方の基本属性および治療後の
変化を調査することを目的とします。
<研究方法>
本研究は、ご記入いただいた問診票の内容、終夜睡眠ポリグラフ検査結果、診療・検査時に得られた診療録(カルテ)
からの情報を調査して研究を行います。研究目的で追加して検査を行うことはありません。
<情報の管理責任者>
熊谷 元
<個人情報の保護について>
調査内容に関しては個人情報保護に十分留意して扱います。情報が個人を特定する形で公表されたり、第三者に
知られたりするなどのご迷惑をおかけすることはありませんのでご安心ください。
もし研究参加に同意されない場合は、2022年1月31日までに院長 塩野方明までご連絡ください。
研究に参加されなくても不利益が生ずることはありません。
<お問い合わせ先>
広島みなとクリニック 電話:082-881-2525 院長 塩野方明、熊谷 元