広島市南区の内科・外科 広島みなとクリニック

★ 日曜(受付9:00~12:30)も診療(内科のみ)★
〒734-0014 広島県広島市南区宇品西5-12-46
TEL 082-881-2525
メニュー用
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  MRI脳ドックのご案内

MRI脳ドックのご案内

MRI脳ドックのご案内

■広島みなとクリニックの脳ドックの特徴
MRI【T1強調画像、T2強調画像、FLAIR画像(+冠状断)、T2*強調画像、拡散強調画像】、MRA【脳血管】の撮像を行います。
かくれ脳梗塞の発見、かくれ脳内出血未破裂動脈瘤の発見が可能です。
検査に要する時間は約30分ですが、他施設にはない充実した内容と、造影剤も使用しないため安心して検査を受けて頂けます。

■検査の料金は?
スタンダードコースとプレミアムコースの2種類です。
●スタンダードコース・・・脳MRI+MRA=19,000円
※オプション検査・・・頚部血管=4000円、LOX-index=12,000円
●プレミアムコース・・・・スタンダードコース+頚部血管+LOX-index=30,000円
健診ページ用

検査の料金は?
 

■放射線被曝のない安全な検査です
日立メディコ社製1.5T MRI装置を用い検査を行います。CTの様なX線被曝はなく、高精度の診断が可能となっています。また、画像診断は専門医による読影を行います。
※検査結果データ(画像)はCD-Rにてお渡しします。ご家庭のパソコン(windows)で見る事も、かかり付けの先生に見てもらう事も可能です。

放射線被曝のない安全な検査です

■LOX-indexって?
①脳梗塞・心血管障害の発症リスクを評価可能
「LOX-index」は、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを評価する最新の指標です。日本国内で行われた、約2,500名を約11年追跡した研究成果がベースになっております。この研究から、sLOX-1(可溶性LOX-1:血中に放出されたLOX-1)とLAB(LOX-1 ligand containing ApoB)から得られる解析値が、今後10年以内の脳梗塞・心筋梗塞発症率に大きく関与する事がわかりました。脳梗塞発症率で約3倍、心血管疾患発症率で約2倍となり、これら2つの疾患の発症リスク評価検査としては、唯一の検査です。

脳梗塞・心血管障害の発症リスクを評価可能
 

②LOX-indexと動脈硬化のメカニズムとは?
動脈硬化は、血管内皮細胞の機能障害が出発点だと言われています。LOX-1は血管内皮細胞に存在する変性LDLのレセプターです。LOX-1と変性LDLが結合すると血管内皮細胞に慢性的な炎症状態が生じ、これが動脈硬化の原因であることが分かりました。
LOX-indexは、血液中の変性LDLと血中に放出されるsLOX-1(soluble LOX-1)から測定し算出する指標で、血管壁の硬化状況・硬化リスクを把握することが可能です。

LOX-indexと動脈硬化のメカニズムとは?